« また時間が空いたけど まあ徐々に体を動かしています。 | トップページ | 辰 立つ の年です。 »

2023年12月17日 (日)

徐々に.....のはずが

どうも今年は良くない事があるなあ。 まあ色々とねえ

でも腰を痛めて それは無事に直った。

Pc140001_r

そういう時に30数年ぶりにギターを弾き出して 還暦なので自粛の年のはずが

ギターを弾いて歌うこと 復活という....

細かいことは色々ある 高校生の時に購入したK.YAIRIのギター 手元にある!

但し修理が必要ですね いろいろと でもなかなか修理に出しに行けないでいる。

まあ慌てずに

 

まあ色々 忙しいのは仕事でトラブルが多し 今年はあわてず騒がず。

これは還暦 本厄の為と思って じっと我慢の一年です。

 

で 徐々に体力回復と思うのですが 足の具合が戻った 途端に.........

Pc140003_r

事務所での作業は無い日になった! でもスマホで連絡はとれるように

SMSやLINEのやり取りも できれば というタイミングが来た。

且つ 4日もあければ 不甲斐ない 足腰も回復する。

思い立ったらという 遅い時間になってしまったが

           そこは地元に行けば何とかなるさ。

でもどこまで行くかが問題だ 復活したばかりの足腰

 変だおかしいとなっても戻れるようにしたい。 日和田山 高指山 物見山

まあ その先は 北向地蔵さん までの コースなら時間的に行けるなあ。

下山は..........できれば鎌北湖なら近いけど 戻ってくる駅までのバスが本数が

4-6km位かあ 歩く? でも日和田山へのアプローチは車が便利。

ということで えいやって 目をつぶっていても歩けそうな。

 良く知った道を歩きました。  

Pc140005_r 登山口 久しぶりだなあ。

Pc140006_r カーンと鳴らして入ります。

一の鳥居は ご挨拶して普通に通過Pc140007_r 

そして普通に男坂で行きます。 ちょっと股関節が硬い感じがするけど.....。

ゆっくり歩いて 細かい休憩を取りながら 呼吸を整えてのペースで

 野鳥の声がするが姿は捉えられない。平日だけど それなりに人が居ます。

Pc140008_r やっぱり岩あ!

岩を超えるのも久しぶりだあ! Pc140010_r

なんとか足は上がるが 股関節が硬い! ゆっくりと慌てずに 

Pc140011_r ムム ウーム 逃げたか?

少し大きめの野鳥が枝の中にいたのだが 気配を感じ取られたようです。

Pc140013_r そして岩あああ 練習練習!

Pc140016_r とやっと巾着田が見える高さに

すぐ上は Pc140021_r 二の鳥居です。

人が居ない!! おおお と思ったら女坂から来る人

 私の後から男坂をあがってくる人 多いなあ。

Pc140022_r 富士山も見えました!

暖かい岩肌に 少し休んで金毘羅さんにご挨拶の後

そしてすぐにPc140025_r山頂下の広場

ちょいと上がってPc140026_r 日和田山です。

意外と普通に上がってきた。 足腰の硬さはある ふくらはぎが張って来た

先日の疲れは抜けたはずだが....。Pc140027_r

少し体の調子を見ながら思案 何処まで行こうか?

    とりあえず山頂で コーヒーを淹れて一服。

Pc140028_r

でも 行ける所まで行ってみようかな?

どうしようかなと思いながらPc140029_r

良い天気だからなあ 一応物見山まで行きたいなあ それなら何かあっても

なんとか日和田山登山口まで戻ってこれそうだから 行くかあ?

Pc140031_r とりあえず山頂三角点タッチ!

この滑り台を進みましょう。Pc140032_r

Pc140033_r  で ここまで行けた 何処?

ここです。Pc140034_r  以前は

ここに高圧線の鉄塔が建っていて入れませんでした。

鉄塔が無くなって 市でこのように整備 隣には まあ建物は残っていますが

西には展望が少し。 少し休んで 舗装林道を  先に行くと

Pc140035_r 富士山 再見。

Pc140036_r ふじみやさんが見えて

ここへ Pc140040_r 

舗装林道の立体交差 って だーれも知らないかも?

渡った右から物見山へ向かう道へ再突入。

Pc140042_r こういう感じの道になります。

路面はカッチカチ! Pc140043_r

すぐに分岐 まっすぐに行くと Pc140044_r

物見山 山名板に到着。

 もしかするとここは山頂ではなく こっちが山頂かもしれません。

Pc140046_r タッチだよ!

Pc140047_r ほい!

で 山名板に戻ると Pc140045_r

皆さん お昼中 テーブルというか 椅子というかに座って 10分休憩

行けそうだな。 しかも鎌北湖に降りて 路線バスに間に合いそうだ。

それは もろバスゆずコース1 しかも運賃は1回乗車¥100-.!安!

 町営バスです。 注意は 日曜日運休 一日4便。

ギリ間に合いそうです。 行こうか!

Pc140048_r  本当は小瀬名富士とか東ムカイ山

とか 寄りたいところだけど 時間的にはギリ! 次回登りましょう。

Pc140049_r でこの先は こういう張り紙が

注意ねえ。

 Pc140051_rおお 舗装林道を横断

ほいほい Pc140052_r 着いたよ!

一気に歩けるじゃん! 北向地蔵さんの手前のお休み処!

Pc140053_r ベンチに座ってお昼です。

時間的には余裕はないので15分 めんどくさくなってコーヒーは無し

お茶で済まそう!

 ハイ 北向地蔵さんです。Pc140055_r

地蔵さんの後ろは奥武蔵グリーンラインへ向かう 林道権現堂線

横断すると Pc140056_r ユガテ方面にも行ける

でも計画はこっちへ行く こっちへの道は初だけど下り一辺倒

Pc140057_r 大丈夫でしょう。

で 途中にこういう場所もPc140058_r 

草ぼうぼう しかも中にイノシシかな?掘り返した跡もありました。

そこを通過するとPc140059_r林道権現堂線へ出ます。

それを横断!Pc140060_r 

左のガードレールが見切れる辺りPc140061_r

ここを降りて行きます。

 初めての登山道だけど 林道権現堂線や接続している林道清流線の林道は

車で良く走っていた道 知っています。 登山道と繋がる所

Pc140062_r で また張り紙 熊さん注意!

Pc140063_r この道は少しこういう感じでした。

Pc140065_rまだ他にもありました倒木

Pc140066_r途中から細い沢に平行

 この岩が出てくると すぐPc140068_r

出ます???? Pc140069_r 

レイクビューホテル!廃業? いやあ中の照明が付いている箇所もありました。

誰かいるのかも?

Pc140070_r 一応振り返って入口を撮影

Pc140071_r 左脇には古いふれあいの道表示

こういう場所

目の前には Pc140076_r鎌北湖です。

ハイ ダムまで行きましょう。

ダムサイトに スワン Pc140078_r 

佇む サギ!

Pc140079_r ダムの銘鈑

 正式名称は山根溜池! 新ベラを入れたって張り紙があちこちに

ヘラブナ釣りができます。 

で すぐにPc140081_r このバスです。

荷物の整理! Pc140080_r 鈴はしまって

あ バスが来ました!Pc140085_r

コミュニテイバスという奴です。 このバスで埼玉医科大学まで行って

そこから国際興業バスに乗って日和田山の登山口「巾着田」バス停まで

戻ります。 今日は車で田部井さんの碑がある駐車場に止めたので回収!

 

なんか普通に歩けた ちょっと股関節が硬い感じがするけど

無理せず動かしましょう。     で まだまだ歩けそう。

春が待ち遠しくなる。 

« また時間が空いたけど まあ徐々に体を動かしています。 | トップページ | 辰 立つ の年です。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« また時間が空いたけど まあ徐々に体を動かしています。 | トップページ | 辰 立つ の年です。 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ