« 電車で山go! 今年も始めます。 まずは(ほぼ)地元のお山で | トップページ | 2月ですね 春が立ちますね。 »

2023年1月29日 (日)

ちょっと御朱印旅

Horizon_0001_burst20230122072059178_cove  車の窓から

いい感じじゃん! という1月22日

3週連荘で ちょっと歩きも良いが なんか忙しくなってきたので

体休めの意味も込めて

Dsc_0301_r 街中のこういう細道を歩いて

駅に向かいます。 山歩きと同じような出発時間だが

 

ちょっと違った場所からDsc_0302_r_20230128214401 電車に乗ります。

何せコーヒー片手に!Dsc_0303_r_20230128214401 こんな切符!

P1220001_r 電車が来ました。

今日は 「チンアナゴ」に乗って行きます。

 丸い黒の顔と二つのライトはチンアナゴに 似ている。

P1220002_r 次の停車駅は 横瀬 

特急西武秩父行です。 たまには普通に行きます。

P1220004_r

 飯能駅の出発は急行池袋駅行と並行して 同じ方向へ走行します。

P1220005_r ふう すぐに西武秩父駅です。

P1220006_rハイ!駅前から 武甲山を愛でて

駅前の三峰口行きの急行バス停に30人ぐらい並んでいました。

P1220007_r 私はこちらに歩いて...

実は チンアナゴに乗らないで 直通の長瀞行きに乗ってきても良かったのですが

まあ チンアナゴで横瀬駅で追い越すのは分かっていたので歩いて

ここまで歩いて来ても同じ電車に乗れるのもわかっているし....

でも同じ電車に乗らないで

P1220008_r これ! 御花畑駅には

P1220009_r 立ち食いそばでしょ!

タレントの佐藤栞里ちゃん率いる すすり部にお勧め!

P1220010_r こっちが秩父駅 見える?

こっちがP1220011_r 西武秩父駅

追い抜いた直通電車は左の線路で来るんですね。 でも急にお腹が! いつもの....!

ということで 歩いて.........

P1220012_r いい感じの街ですからね。

P1220013_r いいじゃない! 大正期?

P1220014_r パリー!

P1220015_r これもいい感じ

 見えてきました P1220016_r 

その前にP1220018_r いい邸宅です。

明治大正期の建物を愛でてからP1220020_r

あああP1220021_r

うんうんP1220022_r と

P1220023_r 秩父神社に参拝です。

P1220025_r 神門をくぐります。

P1220026_r 魔よけのハート! 猪目

P1220027_r 御本殿 彫り物が豪華なんです。

P1220038_r いい感じ 見に行ってください。

御朱印ゲット! まあ予定は未定という感じで 決めていなかったけど

秩父の中心となる神社に最初に寄れてよかったかも ではお次に向かいましょう。

P1220039_r まずは地場産.........秩父駅です。

駅の大きさは西武秩父駅より 大きいかも。

P1220040_r 

P1220041_r 向こうに西武の電車

入線してくるのは現秩父鉄道の電車 (旧東急の電車?7500系というらしい)

この電車に乗ってP1220042_r ここ!

P1220044_r いい駅舎!

P1220045_r という駅 無人!

P1220046_r 歩きだしたとき 急行電車が来たあ!

昔 西武で走っていた車両を新幹線ポイ カラーリングにした電車ですね。

(6000系というらしい) まあ車両の形式はどうでもいいけどね。

P1220049_r 少し歩くとここにつきます。

しかし参拝客が多いなあ。正面にまで車を止めている!。

P1220052_r 神職の方が本殿で

いつもお守りなど対応してくれる。Dsc_0304_r

出来るだけ人を写らないようにしたけど 行列になったりする...。

聖神社 書置きの御朱印を頂きました。 和同開珎の銅の本物も置いてあるらしい。

日本で最初の銅の産出地はここから少し歩いた所です。一度行ったことがあります。

今日はこの先があるので行きませんでした。

P1220057_r 同じような写真ですが

短い時間でこの人の感じ こじんまりしているけど 人気。

駅に戻りふと見上げると この時刻表 良い!!

P1220060_r月間予定表の黒板みたいだけど

昔の駅の時刻表ってこんな感じだったね。

ホームに行くとP1220063_r 両神山!

っと!P1220064_r 貨物列車が!

秩父鉄道は現役ですからね。 デキ300型らしいです。貨車は1両で50トンみたい。

11~12両ぐらい繋いでいたかな?

ざっと600トンぐらいの砂利を曳いているみたいでした。

ここで交換するみたいで 来た電車で先に行きます。

P1220066_r   着! 長瀞です。

みんな降りるなあ。

P1220068_r これも東急の電車だったですが

運転席が無い車両に運転席を取り付けた車両で2両編成だそうです。

7800系というらしい。 なんか電車オタクにはなれそうもないなあ。

P1220070_r 長瀞駅前! 目前にそびえる山は

宝登山!無料シャトルバスはここから乗ります。

その前に駅舎をパチリ撮影 P1220071_r

少し待つとシャトルバス到着!そそくさと乗って行きましょう。

ロープウエイのシャトルバスなのでロープウエイ山麓駅の下に到着するのですが

山頂でゆっくりするために 先に山麓の宝登山神社

P1220073_r 御本殿に向かいます。

P1220074_r 

P1220075_r 立派ですね。

P1220076_r 白い本殿 豪華な装飾です。

ああ 阿P1220077_r

吽 P1220078_r うんうん

P1220079_r !!!

P1220080_r 

P1220081_r 

P1220082_r なんかご利益ありそうです。

もう一度正面から P1220085_r

本殿の裏を回って行けるのですが 今日はすぐ横で御朱印を頂き 奥宮へ。

では 奥宮へ行きましょう!P1220086_r 

鳥居をくぐる前の横に こういう入口があります

 ちょっと歩いてロープウエイ山麓駅まで行けます。

そこへ 杖を突いたご両親をお連れになっていたお姉さんがどうしようかと...。

ここを上がるのはちょっと大変  神社の駐車場から移動して

ロープウエイ山麓駅の下にある有料駐車場(¥500-.)に移動した方が良いですよと

お話ししました。 お母さんは昔登ったことがあるみたいでしたが....。

蝋梅の鑑賞には車毎移動した方が良いですよとお話ししました。

それでも駐車場から ロープウエイ山麓駅までは 少し登らなくていけないのですが

ちょっと急...。P1220087_r しらこばと発見

山麓駅まですぐには着きますが急。

そして秩父フリー切符を見せて 割引往復券を購入!

 まだ蝋梅祭の前だったので すぐに乗れました。

P1220090_r 

P1220091_r 山頂駅到着!

P1220094_r 駅の裏から

両神山から武甲山まで見える 今年も渓流はこの見える所の年券を買いたい。

だが奥秩父でと考えると.....。 大血川より上流かなと思う私。

大血川 中津川 大洞川 入川 滝川 人気の中津川が今年は8月まで県道崩落の為

住民以外は入れない  そうなると 大血川は下流域は谷が深いから 除いて

中流の林道添い区間は多分混む 大洞川は谷が深いのと梅雨以降が本番

滝川は国道沿いはあまり良くないし 斜面の上り下りが大変 奥は夏以降

入川の釣り堀手前までは放流するし魚影がある。 となると多分入川と大血川に

解禁日に人が集中すると思う.........。毛針釣りは無理!   などと

景色を見ながら思っているのは私一人だと思います。 少し考えましょう。

先ずは 多分毎年同じところに咲くP1220095_r

福禄寿は 黄色い光線を発射するように見えます。

P1220096_r 普通に梅! 

真打登場 P1220102_r蝋梅!ほのかに香ります。

いやあ マスク越しだった! マスクを取って一気に吸い込むと!

うわーっと 蝋梅のいい香りが! P1220105_r

P1220106_r 色が濃かったり薄かったり

まだまだ つぼみも有りますね。

奥宮の正面の方に向かい P1220107_r

P1220108_r  ドーンと

P1220109_r  奥宮です。 参拝!

P1220110_r  阿

吽 P1220111_r  狛犬の表情を見るだけでも

いろいろあって 面白いですね。

P1220113_r  男の神様ですね。

千木の先が垂直に 外削き になっている形状は男の神様と言われています。

今年もよろしくお願いいたします。 では奥宮でも御朱印を頂きまして

(書置きですが)神職の方と早く御朱印帳にかけるようになって欲しいですとお話

そしてすぐ横のお店の焚火にあたりながら 甘酒と美味しそうな干し柿を一つ

心を休めて秩父2社+1社の参拝ミッション完了。 ゆったりとした旅もいいですね。

これぞ観光レクリエーションです。 ではお社の後ろの方へ回って行くと

P1220115_r山頂です!。

やっぱり!P1220116_r タッチ!

P1220117_r こういう遠近感いいですね。

P1220118_r ムム

長瀞アルプスは地面も乾いていますね。 これなら下から登ってくるのもいいかも!

P1220120_r この感じで 風が無ければ

山頂広場でバーナーでお昼もありです。蝋梅を愛でながらの食事もできますよ。

ここから蝋梅で....P1220123_r

P1220124_r 透明感が素敵です。

P1220126_r

P1220127_r

P1220129_r

P1220132_r

P1220134_r

P1220136_r

P1220137_r

P1220138_r

P1220139_r

P1220140_r

P1220141_r

P1220142_r

P1220143_r

P1220144_r 全く分からないけど

色が濃かったり形の違いもあったりするので いくつかの種類があるんだろう。

今週は蝋梅祭りなので 皆さんもマスクを外して香りを楽しんでください。

P1220145_r ではロープウエイで降ります

おいおい 歩かないのかよと言われそうですが! 今日は観光です!

Dsc_0305_r 往復割引券!

Dsc_0307_r ハイ

 乗車するロープウエイがやってきます。

P1220146_r 蝋梅祭前ですが

ロープウエイは増便しながら そして満員で運転していました。

P1220147_r 

P1220148_r バンビ号

P1220149_r長瀞の街です。

P1220151_r 下界に降りました。

 ここの甘酒の方が山頂より¥100-.安い

無料シャトルバスはすぐに来まして すぐに発車 便利ですね。

そして長瀞駅 ちょっと時間があるし 久しぶりに岩畳を見てくるかあ。

向かうとP1220152_r ご挨拶してくれました。

P1220153_r久しぶりです。岩畳

P1220154_r

P1220155_r

P1220156_r 川の流れは透明で底が見える感じ

あまり深くないんだなあ。P1220157_r

駅に戻る途中で やっぱりたまには.....そばでも食べるかあ でももうすぐ3時

お店を覗いて まだやっている所に飛び込んで でも天ぷらは終わっていました。

珍しく ざるそばで そういえばこの店 出川哲朗が来ている

番組を見た覚えがあるなあと思いつつ

そして駅前でも お土産で そばと うどんと クルミダレ!

 珍しく色々買うし だって観光だもん。

P1220158_r  直通電車が到着します。

あああ飯能行の直通だ。 便利なんだけど

P1220159_r  面白みに欠けるので わざと

秩父駅で下車! フリー切符って便利! 秩父駅のじばさん商店に寄り道。

ムム 新発見 秩父プリンが ポテ熊プリンという名前でも売っている!

ラベルだけ変えてある感じだあ! 

では歩いて行きましょう。 番場町を通るのですが そこは私

少し脇にスーパーベルクがあるのです。 夕食というか さっきのお蕎麦は並盛なので

少し足りないくらい 且つ 手持ちの水分が無くなったので ベルクによって

水分とおにぎりとコーラでも!買って

 朝食べたお花畑駅の立ち食いソバの前を通過して西武秩父駅まで お散歩

P1220160_r 戻って来たよ!

すぐに特急「チンアナゴ」がありますね。

その後の電車までちょっと時間があるのと少し寒くなってきたので

特急券を買いましょう。 (頭の中にあった芦ヶ久保の氷柱は時間的に無理)

P1220161_r ほらね!

電車から一瞬見えるんです。もう少し遅い電車だとライトアップされているかも!

あとは ゆっくり特急「チンアナゴ」で 飯能駅まで

ふう帰って来た。 ではDsc_0308_r

市街地の時間駐車 目の前の鮮魚店も煌々と照明をつける時間になりました。

家に着くまでが観光旅行 安全運転で帰りましたとさ。

 

さ少し気になるセールをやっているんだな。WILD-1で ザック類が20%オフとか

ちょっと でかいのが欲しい。2泊ぐらいテン泊に行ける50Lとか75Lとか

少量の物より腰のあたりがいい造りになっているので良さそうだしね。考えよう。

« 電車で山go! 今年も始めます。 まずは(ほぼ)地元のお山で | トップページ | 2月ですね 春が立ちますね。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電車で山go! 今年も始めます。 まずは(ほぼ)地元のお山で | トップページ | 2月ですね 春が立ちますね。 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ