« おかわり ハイキング を改めて行ってみた。 | トップページ | 電車で山go! よーし 秋だしちょっと行ってみよう。 関八州見晴台 11月12日 »

2022年11月15日 (火)

電車で山go! ハイキングの街 越生を山歩き 11月6日

土日は歩く 少し体調が良いので...続けたい。 まあ平日の仕事次第だけどね。

お仕事があるということはありがたいこと。

では実はこっちは昔高校の時の競歩大会で歩いているかも 細かいコースは忘れたが

毎年越生駅を午前8時から9時までの間に出発 黒山まで抜けて また山に入り

奥武蔵グリーンラインをひたすら歩いて刈場坂峠 そして大野峠から

また山中へ入り秩父市の金昌寺に抜けて 秩父市役所に夕方午後5時までに着する。

というのがあった。3年の時は生徒会で事前現地確認 野球部などはトレラン状態

午前中に....なんていうのがあった。今では考えられない。体重が約1.6倍になったし

筋量は落ちているし だが当時はギターを弾いているだけだったけどね。

Pb060001_r  ハイキングの街謡っている。

東武東上線に乗るとハイキングの案内も沢山あるしね。

Pb060002_r  越生駅を振り返って行ってきます!

Pb060006_r 少し街を抜ける道を行くと

右上に 白い建物が 世界無名戦士の墓と言います。

 太平洋戦争などのお名前の分からないお遺骨をを納めている納骨堂です。

あそこからが普通の登山口 でも今日はちょっと違う方から向かいます。

Pb060007_r  その前に 越生神社

Pb060009_r  先行した方々の後から参拝して

その方々は まっすぐ無名戦士の墓の方へ 向かいましたが

Pb060010_r  私はその裏から侵入します。

Pb060011_r  そして すぐに右に直登!

Pb060012_r  少しごちょごちょと

道が くねって振り返ると こんな感じ。 滑りやすい 気を付けよう。

気を引き締めて!Pb060014_r

Pb060015_r  なのです。

Pb060016_r  石階段です。 鳥居!

Pb060017_r  ブロックで出来た神社

Pb060018_r  高取山!

Pb060020_r  です。

街に近い所なので 出城的な 見張り台的なだったのでしょうかね。

この先の最高到達点が越生の街中と梅の里両方見下ろせるはずなのですが

街から遠すぎるのかな? 

Pb060022_r  お 案内板がある!

進みましょう。Pb060024_r

Pb060026_r  と左からの道と合流 右へ

Pb060027_r  こんな道!というか

所々 巻き道みたいな道も かなり大雨などで登山道が沢状態になっていた?

Pb060028_r  

Pb060029_r  これも道だと 列の木の右も

かなり掘れている....。しかし草木も伸びています。

Pb060030_r  しっかり案内板も

街は頑張っています。 遠足の街を謡っている日高市より山が多い

&東武鉄道ハイキング企画をやっているし イベントや観光案内もあるしね。

Pb060033_r  と お 出ました。右手に道

 とりあえず ほぼ 上がって来たので ちょっと荷物などなどチェックでよる。

Pb060034_r

Pb060035_r  いい感じですね。北側に木々がある

Pb060037_r  です 西山高取です。 ベンチあり

Pb060038_r  眺望有 しばし座ると

 無名戦士の墓から来られる大先輩方が多い しかもソロ歩きですね。人気があるんだ。

では進みます。 先ほどの登り口からの巻道のへ向かう案内

Pb060039_r

ちょっと振り返ってPb060040_r

Pb060041_r  降りて行くと合流 では!

ずんずんPb060042_r   また登りにあった脇道!

Pb060043_r 分岐 左はお寺さんからの道かな?

Pb060044_r   とズイズイ登ります。

Pb060045_r  おお 木の上に 多分トンビかな?

見えるけど カメラで追えない!!!!!!!!でかいなあ。

Pb060046_r   おっと 白岩様!

チャート岩が露出しているんだそうです。 ご近所の神社やお寺の階段石垣に使ったと

露出しているのは 珍しいとのことです。武蔵の山が関東平野に降りてきた所の

低山はチャート系が多いです 石英ですね。ガラス質ですが堆積岩

石灰は同じ堆積岩ですが石灰なのでサンゴや貝類などの生物由来が多い。

同じ堆積岩なのでチャート質の上に溜ったときにできたのが 石灰岩?(武甲山)

あ でも解説に紙には石灰と書いてあった記憶が?? また登って確認必要。

Pb060047_r  これ!

Pb060049_r  直ぐ先のピークは

根っこ山! Pb060050_r  ま広くはないですが

少し日が差して根っこを登ってきたら ちょっと立ち止まって呼吸を整えて...。

Pb060051_r ! 蛇イチゴ! 一応食べられる

しかし美味しくないらしい。

Pb060052_r 進む

Pb060054_r  うむ しっかり案内板。

うめりん って何だろう??????

Pb060055_r 再び 下から上がってくる道と合流

と思ったらPb060057_r  なんだ巻き道だあ!

ハイキングコースは左ですが! 直登!

Pb060058_r  おお ちょっとつらい道

Pb060059_r と巻き道からの登りと合流

Pb060062_r  三角点!

Pb060063_r  山頂名標柱

Pb060065_r 展望!

Pb060066_r  ハイ 大高取山です。

ここは朝が おすすめかな? 朝日を見た方が良い ベンチあり!

早すぎるなあ 初めて歩きので 予定時間は30分以上早く着いてしまった。

余計に休むかあ? 今日はバーナー無し こうゆう場所があるかわからなかったので

ペットボトルのお茶とお握りだけにしました。 軽く食べましょう。

まだ10時半だったか?足休め...多分ここから梅園の方へ降りる人が多いと思うけど

少し奥というか 毛呂山の近くまで行く予定。

 ぽつりぽつりと人が来るので先に行きましょう。

Pb060067_r 巻き道の方向へ

 そうです。 桂木観音へ向かいます。 越生町の南西の隅っこ

そこからは毛呂山の街が見えるはず 越生町と毛呂山町は隣町

瀬戸大也選手や 最近では駅伝で埼玉医科大学Gで駅伝で名前が見れますね。

Gは医科大学病院 短大もなどなどあるので そこでの駅伝のチーム?みたいです。

向かいます。Pb060069_r

Pb060070_r  すぐに! まあ何もない

Pb060071_r  うむ 先へ

Pb060072_r こっちは人が少ないなあ

Pb060074_r  分岐 お(?)うぱーく越生か

なるほど もう毛呂山に近い所へ降りるんだ。

こっち来ると交通機関へのアプローチがねえちょっと本数が少なくて大変。

お(?ゆ?)うぱーく越生なら バスがあったか?

Pb060075_r   

Pb060076_r  と急に道が落ち葉の急坂階段!

ぬぬぬ 一気に降りる!Pb060077_r

おおお 女神さまの後ろ姿が!

Pb060078_r 女神さまの うなじ ですね。

美人です。Pb060081_r 桂木観音様!

今日もありがとうございます。

Pb060082_r  カッコよくて美人ですね。

そして山門にはPb060083_r 阿!

Pb060084_r  吽! これもかっこいいです!

そして 金網が張ってあるけど正面の下側 誰が開けたか 穴が!

スマホなら 手を入れて綺麗に撮影できますけど。 ミラーレスは一眼は無理でした。

でも穴開けたのはいけません。文化財です。

Pb060085_r  階段が急です!

Pb060086_r 振り返ると 山門からの美人の本堂

Pb060087_r  おお 鐘楼が やさしくネと! 

一発いただきました。 合掌。

Pb060088_r

Pb060089_r  鐘楼からもいい眺め

降りるとPb060091_r

Pb060092_r  駐車場から! 毛呂山の街です。

歩いて  1時間半かな?車道歩き。 さてどうする。

越生町より大学病院があるので にぎやかではあるが.....。

舗装林道は歩いて1時間半か?? やはりここまで予定より30分以上早く着いたし

予定通りの方向に行って バス便はあるか スマホチェック!

おお 1時間後にあるじゃん!しっかりと下山ルートチェック 3つあるが

 一番急勾配の道が距離が無い 沢筋である 25分(沢得意.....。)

 半分は舗装林道という楽ルートもあるが45分 よし25分ルートで行くぞ! 

観音様の前の駐車場の奥側の農園さんの脇から

多分農園さんは毛呂山町かな? 毛呂といえば ゆず!

Pb060093_r

Pb060094_r

Pb060095_r おっと ここから?

まっすぐが案内されていますが 行くと舗装林道を歩いて降りる道 45分 でも右に!

Pb060096_r かなり....。

Pb060097_r こういう道を入ります。

Pb060098_r っと 少し先で

 右と左かな?右は違うか? 道らしい左を行きます。

と違う! 50mぐらい進んだらGPSが30分チョットの道へ!

ひとつ尾根筋超えた違う道ですね。そっちの方が人が歩いている感じがある。

まあ沢筋系の方が魚影を確認できるかもで 戻って右降ります。

Pb060099_r と 道が薄かったですが

岩と岩の間を目指したらここに 急だけど降りられる踏み後がありました。

Pb060100_r で ずんずん降りると沢を渡る 

すぐ左にPb060101_r 橋がありますが...危ないので

やっと登山道らしくなってきました。

Pb060102_r  こういう感じ

Pb060104_r 倒木です。

むむ!

Pb060105_r もう一つ ちょっと荒れ気味

Pb060106_r おお沢にある取水口!掃除してある。

沢には手が入っていますね。 Pb060107_r 

こんな感じを降りてきました。まあ ここまで魚影はない 岩魚なら可能性はあるが

この水量は育たない 10cmぐらいの子なら???いないなあ。

Pb060110_rで ここからはダンプが入れる林道!

かなりぬかっていたりしますが 所々しっかり新しい砂利が入っています。

Pb060111_r で砂利道から脱出!

ここは越辺川の右岸の舗装の細い林道。 この辺りの越辺川は昔は山女魚の放流を

していたはずですが 最近は分かりません。 たしか...高麗川と同じ漁協さんかな。

どうでしょう???? 放流しても解禁日の釣り堀状態で釣り切りかと思いますので

私の対象ではありません。

Pb060113_r っと里に下りてきました。

Pb060114_r カマキリ 寒そう!

Pb060115_rいい感じ 梅園の先で川を渡れる。

Pb060116_r !

こっちが林道経由で降りてくる道です! 見るだけで右へ!

Pb060117_r あの橋が越辺川にかかる橋

すぐ向こうが県道でバス停があり! ここまで30分 ロスがあったが早かった!

Pb060119_r 越辺川.........。

Pb060120_rはいバス停着ちょうど30分でした!

ほぼ30分残っていた! すぐ横に橋があるので覗いてみると支流の竜が谷川.....。

 Pb060122_r

ちょっと 水分補給しながら周囲の山を見て  まだ紅葉は早いなあ。

Pb060126_r  あバスが越生駅方向から来ました。

15分ぐらい前でしたよ。 黒山三滝に行ってから折り返してきます。

Pb060127_r

Pb060128_r

Pb060129_r 黒山三滝から戻ってきました!

直前に山から下りて来たご夫婦?さんも間に合いました。 乗りましょう。

このバスの次の便は3時間半後 しばらくバスはありません! これが大変....。

Pb060130_r越生駅に到着 お疲れさまでした。

さ 無人駅 少し列車が来るまで 待ちます。

Pb060132_r はいはい八高線 1両!

 意外と混んでいた 手すりに つかまりです。 1時間に1本だからなあ

時間帯によっては経路を検索すると 向こうにある東武越生線で坂戸川越周りで

帰った方が早いなんて検索結果が出ることがあります。 向こうは途中に

いくつか大学のキャンパスがあります。本数は少し多い いずれにしても無人駅

お疲れさまでした。 やっぱり 電車で山go! 楽しいです。

« おかわり ハイキング を改めて行ってみた。 | トップページ | 電車で山go! よーし 秋だしちょっと行ってみよう。 関八州見晴台 11月12日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おかわり ハイキング を改めて行ってみた。 | トップページ | 電車で山go! よーし 秋だしちょっと行ってみよう。 関八州見晴台 11月12日 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ