« 電車で山go! ハイキングの街 越生を山歩き 11月6日 | トップページ | ひと仕事終わった 勤労感謝の日は雨予報だし 半日ぐらい歩くか 11月22日  »

2022年11月19日 (土)

電車で山go! よーし 秋だしちょっと行ってみよう。 関八州見晴台 11月12日

秋になって この夏の悔いがあるなあと 車が無いだけで源流に行けない。

も少し体力があれば テント担いでも行けるしなあ。

でも 一人で源流の山中で野宿はどうなんだろ? その経験はない。

 大体 ソロキャンプ 山キャンプは 北アルプス上高地だけだあ。

グルキャンばっかりだったからなあ。 今日少し越生のソロキャンプ場

&キャンピングカーの特集やっていた。キャンピングカーはいいとして

ソロキャンプやっている人が なんか重装備だなと思ってみたり

装備が重い物ばかりそれは一部でいいと思うけど全部....。

まあ食は凝ることが できれば楽しいしね。 と考えたり 季節的にキャンプ場が

むずいが とりあえず歩くことは続けておかないと テント張は いつでも簡単さ

ちょっとパンダライトでも手に入れるかあ? 焚火はどうするか それはやらない。

というか 必要な時 野営に直火は致し方ないか?もしくは軽量な焚火装備か。

小さいのは持っているが....。火おこしの手段はいろいろと 持っている。

ただ 実戦があまりない。 グチグチ行ってないで行けばと言われそう。

という 長い前説からの 電車で山go!

  YAMAPで使い始めたタイトルですが こっちでも使おう!

Pb120002_rここから!

右上に駅 西武秩父線の西吾野駅です。! 土日の朝の普通電車 登山客多し

紅葉を求めて皆さん歩いていますね。

そして当日は飯能市の職員さんが 行先のアンケートを取っていました。

今日は高山不動尊&奥の院(関八州見晴台)へ行きます。

そして計画では 超えて越生に降りる予定です。

一般的な計画は 吾野-西吾野間や 顔振峠や傘杉峠 刈場坂峠 大野峠等を絡めて

西武秩父線か秩父市内に降りるのが一般的ですが裏に降りることにしました。

でも裏と言っても東秩父村とか都幾川迄は まだ私には無理と判断して10km未満で

しかし この時間の電車は 私の前に3人ソロの男性!微妙な距離を保っていますね。

線路をくぐってからPb120003_r音が

ラビューという名の 「ちんあなご」! 似ていると思うけど!

Pb120004_r さて登山口! 先行のお三方は

多分 先の林道で吾野三滝に寄ってからだと思います。

ここは高山不動尊迄 3つのルートがあり三滝を巡ってくるコースの他に

直接 高山不動尊にはパノラマコース萩の平コースがあります。

吾野からもありますが それは奥武蔵グリーンラインで関八州見晴台へ向かう。

一番急な感じの道で行ってみます。(大丈夫か?)

Pb120006_r 橋を渡ると...。古い分譲住宅地

Pb120007_r 抜けて正面のこの道に案内が!

分かりにくいですね。 Pb120008_r

その先に道は左に折れる そこに案内Pb120009_r

右側は庭?

Pb120010_r向かうはこっちです!

Pb120012_r 抜けてみると こんな感じ

Pb120013_r お 普通電車!

Pb120014_r !!!!倒木1 なんか荒れている。

Pb120015_r うむ 間違うことはないなあ。

Pb120016_r しっかり!

Pb120017_r でも道自体は路盤がこの状態!岩盤

Pb120018_r 落ち葉の道!

Pb120019_r ザレ&根っこ バリエーション多。

Pb120020_r で 巻き道??どっちも同じ

Pb120022_r やっぱり岩盤!

Pb120023_r 倒木2 あれが無くなったと思ったら

Pb120024_rと 廃墟! というか ベンチがあり

ここが萩の平というのかな? 昔はお茶屋さんだったのか?

皆さん次々としたから上がって来てここで休憩 ここまでが急勾配のきつめの道です。

Pb120025_r 少し 黄葉。

Pb120026_r 普通の明るい登山道 いい感じ!

Pb120027_r と! おお パノラマコースからの

合流ですね。 辻石! Pb120028_r 右から合流

向かうは正面 あああPb120029_r辻石じゃない!

?????なんで 北向きじゃん???わからず? 何か言われでもありそうだな??

享保年間ですね。

先に向かうよ。Pb120030_r倒木3 なんか多いぞ!

Pb120032_r先が抜けてきている気がする 近い。

Pb120034_rまだ 少しコルを通過でした。

北というか西というか三滝の辺りの集落か??

Pb120035_r その斜面は黄葉。

Pb120036_rで 元気なお姉さま方です。

 先に行った方が良いよと言われました。 それもありますが...。

人が居なくなってからの野鳥もシャッターチャンスを狙っています...。

Pb120037_r ちょっとだけの紅葉も

Pb120039_rと 登山道が岩剣山!

Pb120040_r うも? あああ 左上は

三滝からの道につながる 高山不動尊に立ち寄らずに関八州見晴台へ向かえる道ですね。

3人のお姉さま方には先に行ってもらいました。

Pb120041_r すぐ先に合流 上から降りて

先程の三滝からの道と合流 Pb120043_r もちっと

Pb120044_r じゃーん到着 高山不動尊の下

 大イチョウです。 私を抜いて行った人たちが皆さん休憩中。

Pb120045_r

Pb120046_r

Pb120047_r

Pb120048_r 皆さんの前を休まず

ゆっくりと写真撮影しながら抜けて 旧高山小学校校舎。

 これは情報は下調べしてました 集落で大切にしているようです。

すぐ前を下りまして 常楽院本坊へ こっちでいいのかな?御朱印??

Pb120049_r

Pb120050_r

ピンポンしましたが.......だーれもいません。??

お不動さんの所かな?行ってみよう。

Pb120052_r うむ大イチョウ下から見ると

デカいなあ。 前に階段がある!Pb120054_r

危険な!階段! 一応100kgが歩いても大丈夫でしたが....。

イチョウは!Pb120055_r  あ オッパイです。

子育て中の方はどうぞ!Pb120056_r

イチョウ脇から...........もう少し見通しが良ければ.....。

Pb120058_r でもでかい!

よしでは Pb120059_r ここに来て急

地図でも確認していたが.....。Pb120061_r

踏み面が10cm位しかないことも Pb120062_r

見下ろしても....。 休むともっと大変一気に登ることがおすすめ。

では お不動さん!Pb120063_r  やはりデカい。

Pb120064_r  この山中に...まあ木は周りにあるが

Pb120065_r  梁がかっこいい!

大屋根を支えている!!Pb120066_r

すごーい!Pb120067_r  おお 鉾が 

日本武尊もかかわるのか? でもここは神社ないぞ! 行基なんだけど??

分かんなくなる???? Pb120069_r

Pb120070_rこの山中にこの規模はすごいなあ

近隣は意外とこういう標高500m~600mでもある程度 水があったらしく

米以外は作れるので襲撃とか考えるとこういう山中に集落があったらしい。

御朱印はもらえませんでしただーれも関係者がいない。 また今度かな?

Pb120072_rさあ行きましょう

すぐ裏から これを行きます。Pb120073_r

青空!

Pb120075_r すぐに 奥武蔵グリーンライン。

Pb120076_r ???あれれここしか入れないが

Pb120077_r ああ 向こうの車の人に

私が聞きました 入れないけど? あああの電柱の間から入るんだよ!

そこにウロウロしていた登山者が皆さん(人が多い) 私の声かけで入って行きました。

(また写真が...野鳥が撮れなくなる) で車の人としばしお話

 トレイルの人の補給をしているらしいです。 この奥武蔵グリーンラインは

鎌北湖や吾野から狩場坂峠へつながる舗装林道自転車も多い。

Pb120078_r で後から私も入りましたら??あ

すぐにネット??すり抜けてみると その横に

Pb120079_r ああ こっちから上がるんだ!

まあいいか。  ロープ張るだけじゃだめだね。東屋は残っているし

コンクリートで上り口は固めている。 回り道をさせるなら 案内を残さないと

 皆さん無視して通りますよ。通らせないなら きちんとしてくださいね。

低山だけど 場合によっては 人の命に かかわる場合もあるんだから

まあ その意識が無い企業じゃだめだな。 何かいたずらされたのかな?

日本を代表する企業なんだから しっかりしてくれ

 

では皆さん居なくなっているのでゆっくりと

Pb120080_r いまいちだなあ!

 グラデーションはいいけど。 真っ赤になるはずだけど

Pb120081_r

Pb120082_r

Pb120083_r

Pb120084_r  もう少しという所です。

Pb120085_r あ丸山を巻いちゃった いいか。

Pb120086_r とまた奥武蔵グリーンラインへ

Pb120087_r とすぐ先に!行きます。

Pb120088_r

Pb120089_rなんか草ぼうぼう こんなだっけ?

Pb120090_r 奥の院!

到着です。  何とか人を少なく..。

Pb120091_r ああ

Pb120092_r ううう

Pb120093_r えええ

Pb120094_r おおお

Pb120095_r げげげ

Pb120096_r  かああー

Pb120097_r  うもー

Pb120098_r ........。

人が多すぎる できるだけ写らないようにして これ

そして次から次へ来るし ベンチが空いたから座る バーナーでご飯だコーヒーだ

うまうま ん?なんか光っている??

Pb120100_r

Pb120102_r  日和田山 物見山 見下ろし!

Pb120103_r  これも秋

Pb120104_r さあ も少しゆっくりしたいけど

下山開始 この先長いぞ!Pb120106_r  これだから

Pb120107_r ではまた来ます。

Pb120108_r  おお 岩!

 

Pb120109_r 根っこ でも陽が差している

Pb120110_r 斜めっている!

Pb120111_r そして落ち葉!いいね。サクサク。

Pb120112_r 急 滑るよ!

Pb120113_r 岩もある!

Pb120114_r 切れていますね。

Pb120115_rととと

Pb120116_r???

この辻 案内が...。これは今来た右上から左へしか書いていない。正面からの道は何?

で後ろにも道があるけど書いていないが

Pb120117_r向かい合わせの案内には

四寸道と書いてある。 が先程のP正面お道は書いていない?????

で 後から来た方も??でGPS 確認して私はGPSと紙地図で!

ここは七曲峠と同定! で後から来た方も納得でGPS表示で

Pb120118_r こっちへ! 正解!

 峠の名前を書いて欲しいなあ。

Pb120121_r 途中トレランの講習かな?すれ違い

無事に奥武蔵グリーンラインへ出ました。 ザれて滑りやすかった。

Pb120123_rで こっちへ

Pb120124_r すぐに左に180度向かう舗装林道

Pb120127_r で花立松峠!

 その正面には 登山道が続いています。

Pb120128_r 下へです。

Pb120131_r 少し行くとすぐに 右下の案内

まっすぐでも行けるけど車道は面白くないので

Pb120133_r 入ります。

Pb120134_r 一応眺望があるので

Pb120135_r

降りて行くとPb120136_r 出ましたうめりん

草ぼうぼうと 少し荒れ気味ですがPb120137_r

抜けてはいる。Pb120138_r

Pb120139_r越生の街が見えます。

Pb120140_rげ! 舗装林道を通すと

その下ってこういう風景が多い。 ズルズル滑る! 浮石ヤバイ。

Pb120142_rふう

Pb120143_r まだまだ降ります。

Pb120144_r 岩!

Pb120145_rおお やっと沢 

Pb120146_r荒れています。

Pb120148_r 沢が埋もれそう。

Pb120149_r アーチが掛かっています!

Pb120152_r 岩ー!

Pb120153_r倒木4 だったけ?今日は多いなあ

Pb120154_r 路肩が! 落ちている!

Pb120155_r あ あれですね。

湧いているというか裂け目から!Pb120156_r

橋!Pb120158_rああああ

穴が開いている しっかりロープ!Pb120159_r

通り過ぎてやはり路肩が穴! こっちはチェーン!

Pb120162_r  すいすい降りる

Pb120164_r  岩ー!

Pb120165_r  あ 出た! 舗装林道

Pb120166_r  日照水 大量に汲んでいました

聞いてみると直接飲めるそうです。先ほどの裂け目のすぐから ホースで取水

ここまで引いている。とのこと 保健所もOK出しているという。

Pb120168_r奥様とこの軽ワンボックス後部座席

畳んで デカ焼酎空きペットに大量!

Pb120169_r一応案内板も

Pb120170_r 実はも一台お待ちでした。

私の熊除け鈴を聞いて付けているんだと 一応です出ないと思っていますが!

スプレーは内緒に....。

そして歩いて降りて行くと

Pb120172_r サワガニ! 威嚇してます!

道路にいました 轢かれるなよ。

Pb120175_r これは黒山三滝になる流れです。

禁漁区 まあ放流もない いないことはないけど...。釣りの対象じゃない。

Pb120177_rしばし歩いてここです左に案内

右に降りて行きます。Pb120178_r

Pb120179_r

Pb120180_r すぐにこれ! 向こうからくる道も

Pb120181_r根っこ 降りてくるとこういう感じ

胸突きどころじゃないね。 Pb120182_r

左だそうです。Pb120183_r一応右側

今降りてきた道は女坂だそうです。男坂はトラロープって書いてある!

Pb120184_r で この看板もありました。注意ね。

Pb120186_r おお 鉾!

Pb120187_r少し先に下されました右に戻る形で

Pb120188_rこっちね ここ観光地 黒山三滝!

Pb120192_r

Pb120193_r です。

女滝Pb120197_r

Pb120199_r上から

Pb120201_r男滝

Pb120203_r お さっきの鉾!

Pb120204_rふう まだ少し時間があるが

 バス停まで ちょっと距離があるのと気が向いたら 何か食べたり....。

Pb120206_r こっちも滝 ちょっと奥!

Pb120207_r小天狗滝

Pb120210_r黄葉!

Pb120211_r細い流れ

Pb120213_rぬ イチョウ!

Pb120214_r紅葉 霞んでいるのはお店の焼きの煙

Pb120215_r

Pb120216_r イチョウの落ち葉が!

Pb120217_r ここだけ量が凄い

Pb120218_r

Pb120219_r 縁に

Pb120220_r ブルックと岩魚山女魚を放して?

禁漁区ですけどね。 wwwww

Pb120221_r こういうのも!

Pb120223_r イチョウ黄葉真っ盛り!

Pb120224_r

さて着きました 先週と同じバス路線 今日は始発からそれも先週の1本後の便

Pb120225_r バス停黒山 もう少し便があると

いいんだけどね。 ここから駅まで歩くのも遠い1時間半ぐらいかな?

舗装の県道退屈だよね。行ってみようと思う人は良ーくバス便をチェックしてからね。

お疲れさまでした。無事に下山です。バスにも乗れました。

電車で山go! 夏の釣りができなかった分取り戻すようにまだまだ続けましょう。

また少し調べて天幕も張りたいですね。考えておこう!

長ーくおつきあいくださいありがとうございました。ではまたね。

« 電車で山go! ハイキングの街 越生を山歩き 11月6日 | トップページ | ひと仕事終わった 勤労感謝の日は雨予報だし 半日ぐらい歩くか 11月22日  »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電車で山go! ハイキングの街 越生を山歩き 11月6日 | トップページ | ひと仕事終わった 勤労感謝の日は雨予報だし 半日ぐらい歩くか 11月22日  »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ