« 電車で山go! よーし 秋だしちょっと行ってみよう。 関八州見晴台 11月12日 | トップページ | 電車で山go! 飯能アルプスの高み 紅葉を愛でる。 11月27日 »

2022年11月26日 (土)

ひと仕事終わった 勤労感謝の日は雨予報だし 半日ぐらい歩くか 11月22日 

と思い 半日だけ 一応電波の届く.....。

Pb220001_r 今日は日和田山をサクッと

Pb220002_r 良い天気 明日は雨だって

田部井さんの前にはPb220003_r

Pb220005_r 草ぼうぼうだったのですが 綺麗に。

そしてPb220006_r ほおずきが!

Pb220007_r 明るい林間 

Pb220008_r カーン! 進みます。

Pb220009_r 

Pb220010_r一の鳥居 いつものごとく!

Pb220011_r男坂 行きましょう。

Pb220012_r 滝不動さんに ご挨拶して

Pb220013_r 今日はできるだけ直登!

Pb220014_r 岩もまっすぐ行きたい

Pb220015_rゆっくり 慌てずに

 のんびり行っても 昼には 家にいる予定。 できるだけ岩登りする。

 コツコツコツコツ!むむ音がする いるぞ! そーっとしばらく様子を

うかがって.............。 いました!

Pb220020_r ん? あああコゲラですね。

おお 登山道では なかなか野鳥に出会えないですからラッキー

今まで源流釣りに行くと 良く野鳥を見かけ カメラを向けても TG-5では

寄れない遠すぎる近づくと逃げられる そこでOM-D5 MkⅢミラーレス

その源流に今年は あまり行けていなかった! まあ来年かなと思っていたけど

 登山では なかなか野鳥に会えない 先日はトンビが比較的近くを飛んでいたが

見通しが効く山頂だったしね。 こんな林の中で しかも岩だらけの所

 ちょうど人はいなかった。 登山道脇で.....。

Pb220021_r 

Pb220023_r 動き回っていて なかなか

よい位置にいてくれないなあ けど ここで野鳥に会えたのは初めて!

今日来てよかった。

Pb220025_r さて今日は まっすぐ進む。

Pb220027_r まっすぐね。3点支持!

Pb220028_r 楽しいこれもまっすぐ!

Pb220029_rもうすぐだ。 これも行きます。

Pb220032_r足元に 古いハーケンが!

 こんなところで 使っていたんだ 素手で登れるぜ。

Pb220034_rおお巾着田! 

Pb220036_rすぐ下

Pb220037_r登って もちとで 二の鳥居

Pb220039_r あう 火気厳禁。

 うむ市役所に文句言ってみるか? バーナーはゆるしてくれないのか?

困った看板だ。 しばし休んで

Pb220040_r金毘羅さん先に行きます。

その前にPb220041_r下界を愛でて

Pb220045_r鳥居に巾着田を入れて

Pb220046_r 富士山は私には無!

Pb220048_r こっちも奥は見えない

Pb220050_r で ここを上がると山頂!

Pb220053_r いい感じです。

Pb220054_r 山頂!

Pb220055_r 合掌!

Pb220058_r 筑波山が見えました。

Pb220059_r都心方面も

少し座ってボーっとして 帰るか! まだ早いなあ けどゆっくり写真撮りながら

Pb220061_r これは金毘羅さん裏の斜面

下りならいける。

Pb220062_r 金毘羅さんの うなじから下界を撮影

Pb220063_r 鳥居に巾着田

いいねえ。 のんびりと暖かいし。

では今日は男坂を降りて行きましょう。 なんか岩を登って楽しいし

下りも楽しいだろう!  まっすぐ降りる!

Pb220066_r

Pb220067_r 一段下がった

この場所もいいよね。 楽しく降りました。ほんとちょっと苦労しながらが楽しい。

滝不動さんの前辺り 少し岩が濡れていて滑る。

ちょうど これから上る お一人の女性の方が来ました。

 「男坂 少し滑りますから気を付けて」

  「見晴らしの丘から行こうかと思っています。」

「ああ でも男坂行った方が楽しいですよ。途中の岩からの眺めもいいですから」

「岩登ってもいいし 岩を縫うように普通の登山道もあります」

「見晴らしの丘は先に見た方が良いですか 後の方が良いですか?」

「下りに使うのが 良いかも。ついでに男岩女岩の上側を覗けます。」

「帰りは女坂にしようと思っていたのですが」 

「面白さは男坂で上がって帰りは見晴らしの丘経由がいいと思いますよ。」

「わかりました男坂上がってみようかな」「お気をつけて楽しんでください」

お綺麗な方でした。 楽しく登れたかな?

   そしてすぐに男坂女坂の分岐。

Pb220068_r っと ちょうど女坂から

 ソロの男性の方 30代? 降りてきました。

一の鳥居裏から写真を撮ろうとしていたので 「表から撮った方が」

「いやあいつも帰りはここで撮っています! 51回目ですから!」

「すご! 地元だけどあんまり登っていないから....」

そのまま 少しお話しながら登山口まで降りてきました。ありがとうございました。

Pb220070_r  余裕を持って低山歩きすると

なんか楽しいなあ。 荷物も少なくして軽ーく散歩気分。

Pb220071_r  秋の日はいい。

さて 午後から仕事だ! 一つ片づけないといけない仕事がある!

頑張ろう。

« 電車で山go! よーし 秋だしちょっと行ってみよう。 関八州見晴台 11月12日 | トップページ | 電車で山go! 飯能アルプスの高み 紅葉を愛でる。 11月27日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電車で山go! よーし 秋だしちょっと行ってみよう。 関八州見晴台 11月12日 | トップページ | 電車で山go! 飯能アルプスの高み 紅葉を愛でる。 11月27日 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ