« 曼殊沙華まつり 2022年 | トップページ | 川越まつり 2022 »

2022年10月10日 (月)

やっと雨が無い日曜日(夕方までは?)

7月8月は車のオーバーヒート2連荘で エンジン交換のため 車が入院!

12年で23万6千キロぐらいだった。 まだまだ行けたんですが...

で今は400キロぐらいエンジンを労わって走っています慣らし運転。

車が戻ってきたら ちょっと忙しい&毎週末雨! 行こうと思った渓流も

県道土砂崩れで入れない!!!!!!! で10月に入ってやっと!

この3連休は中日行ける! 雨は夕方からの予報!! 昨日の雨が気になるが..

Pa090001_r 久しぶり!

Pa090003_r コスモスが咲く季節になってしまった。

Pa090004_r 田部井さんコスモスに囲まれていた。

向かいます。Pa090005_r

久しぶりに軽く行きます。 本当はもう少し奥に行ければと思ったけど

体が動かず.....。 中距離チャリンコ買い出しで体力は維持して足りるはずだけど?

朝から起きて電車に乗っての山を越えるパターンは 車の乗り捨て回収.....。

時間はある程度だけど 超えた先が別路線まで行ってしまうと回収が厳しい。

ということで 朝が遅くても簡単な日和田山で妥協 軽くのつもり

Pa090007_r このスタンプラリーのスタンプポスト

帰りに小学生の親子が覗いていたけど ?みたいで軽く説明差し上げました。

観光協会でスタンプシートを配っていて日和田山山頂にもあります。 スタンプをためて

応募するとクリッカークリッピーのボールペンがもらえたりする....。

ちゃんと宣伝してね。日高市さん!

Pa090009_r では関東ふれあいの道で行きます。

Pa090011_r 今日は気温は低めですが湿度が高い

上着を ここで脱ぎました すでに汗びっちょ 汗っかきだから大変!

Pa090016_r もちろん男坂今日の主題は岩に設定

Pa090019_r 250mの区間だけどね。

Pa090020_r滝不動さんにご挨拶して行きますよ。

Pa090021_r 今日はこの所の雨で流れがある!

Pa090024_r まずは根っこから攻略

Pa090025_r そして徐々に 岩が!

Pa090027_r

Pa090029_r 岩と言えば 苔!

Pa090031_r 攻略していきます。

Pa090032_r 一応登山道は

 この岩の間を縫って

右に左にPa090034_r 普通に小学生も登ってます。

Pa090035_r でも今年の雨で こういう感じも

Pa090037_r 岩は次々に

Pa090040_r ............

Pa090041_r 時々正面攻略

Pa090043_r 下から ゴリゴリ正面突破の

若い子もいるしPa090046_r ゴリゴリ

Pa090047_r 岩を感じる!

Pa090048_r ふうう

Pa090049_r 軽く渓流の練習のつもりもある。

Pa090050_r 渓流に入ると

こういう岩肌を降りて なんてこともあるし

Pa090052_r 退溪に行き詰まって登ったり

軽く練習になると思って 時々ね。

Pa090053_r 

Pa090055_r

Pa090057_r 明るくなってくると

Pa090059_r 先っちょに

Pa090060_r少し眺望が 

Pa090062_r先っちょの足元はこうなっている

Pa090064_r 

Pa090065_r おお 空が広くなった。

Pa090066_r 

Pa090070_r 二の鳥居が見えました。

正面突破 連荘いいね。Pa090075_r

二の鳥居に到着です。

Pa090080_rそして恒例の巾着田!

もう曼殊沙華はありません。 10月16日まで右の河原のキャンプもできないみたい。

しばし休んで 先に進みますPa090081_r

金毘羅さんの脇を抜けて ちょっとの所の 皆さんあまり知らなそうな西の眺望

Pa090083_r 今日は雲が低くてだめだ

伊豆が岳とか見えるはずなんだけどな。

Pa090084_r では山頂へ

Pa090085_r根っ子を登って

Pa090087_r 脇の土が流れてしまって岩が露出

宝塔が見える そうなるとここを上がるね。 本当はもう少し巻いてからなんだけど

Pa090088_rはい日和田山!

Pa090089_r

Pa090090_r 日高市内全部見えます。

そして三角点もPa090092_r

今日はここまでで良かったが まだ早いし 体力は余っている。 行きましょう。

Pa090094_r こっちへ

でも.......................

Pa090095_r お姉さまが苦しんでいる。

Pa090096_r 赤土が滑るし!

がれている感じで 最後に!Pa090099_r

倒木でした。

 その先は普通に滑りながらPa090101_r

Pa090102_r あ新しい案内板 舗装路に出ました。

そうなんです。 Pa090106_r 

数年前に鉄塔が無くなって日高市で山頂を整備したとのこと それが昨年

やっときました。Pa090110_r 

以前は入れなかったところです。

Pa090111_r そこから西の眺望がありました

以前は見ることができなかったものです。 山と鉄塔しかありませんが............。

Pa090112_r では下の広場で

お茶をPa090113_r なんか市で山火事注意看板

沢山j付けていて火気厳禁って書いてある! バーナー使いにくい。

 というか火気厳禁じゃなくて 焚火禁止と書いてくれ! 以前から 私も他の人も

バーナー使っていたのに まあ 俄かアウトドア派とか 扱いが危ないからなあ。

分かるけど山歩きにバーナーは必需品です。 ちょっと市は考えてくれ!

 焚火というシール作って張るか?

まあ使えない市ですから(お堅い俺たちは偉い的な) まあ 勝手にやりますが.....。

あ ベンチの下にPa090114_r いいねえ。

そして見上げれば.....Pa090115_r

300mmの望遠で撮影 高すぎて遠すぎる。

では先に 今日は ふじみやさんお休みでした。

 新しい山バッジはないかなと思っていたのですが そして先へ

Pa090118_r ここから登ります。

Pa090119_rすぐ上のピークのお社ご挨拶して

Pa090122_r滑る道を行きまして

Pa090125_rじゃん!

日高市最高点 物見山です。 後ろの林は毛呂山町

ここには後ろの林を背にして ずらっと50人ぐらいお昼を食べていました。

デカい秋田犬?連れた人や MTBで上がってきている人もいました。

 MTBで登山道 大丈夫か?かなり荒れてしまって 補修が大変な登山道

補修もまともにできていないのに???? 舗装林道とか林道ならいいのですが

登山道は管理がされていないので荒れるよ。 まあでも規制はしていないしね。

まあ日高市はそういう事も考えることもできないほどお堅いから....。使えない。

まあいいか その前を歩いて多分本当のピークはこっち!

Pa090126_r  三角点 今日はつまらない感じ

快晴で時間帯も良ければ真上から 真ん中だけスポットライトのように陽が差して

幻想的なんだけど なかなか遭遇できない。

Pa090129_r タッチ! 一応側面も

Pa090131_rいいねえ!

ちょっと座っておにぎり食べて さあ帰りましょう!

Pa090136_r 道の脇にサルノコシカケ

 漢方薬にしないように採取禁止ですよ。

Pa090137_r で スケートリンク!

Pa090142_rこれもスケートリンクでした。

トレッキングシューズでは厳しい。 ストック必要 もしくは もしかしたら

アルパインシューズなら大丈夫かも? ちょっと気になる

次のシューズ購入はアルパインだな!

で 途中 一人で歩いている お父さんと日和田山の山頂下辺りで

お話させて頂きました。 滑る道が続くのでストックで大丈夫かなと。

気を付けてくださいと声かけて行ったのですが 少し先で止まっていると

すぐに追いついてきました 意外とお元気な方でベテランさんでした。

月に数回 横手から上がって ここを歩いているそうです。

 さいたま市の方から来られているとのこと 御年85歳 お一人で

シューズは新しかったので足元大丈夫かと思っていたのですが

 履きつぶしてトレッキングシューズの軽いものを新調したみたいでしたね。

歩く時のドンという体を支える刺激が筋肉を維持できるし頭の回転も良くなるんだと

おっしゃっておりました 確かにそういう刺激があって

日ごろのデスクワークができるなあって思います。

Pa090145_r 金毘羅さんの脇から遠近感がいい!

Pa090147_r金毘羅さんの前

一の鳥居まで戻ってきました。真ん中の黄色いザックのお父さんが

御年85歳 お元気です。いつまでも楽しく歩いてください。

Pa090151_r一瞬 人が見えなくなった瞬間に

こんなことはあまりありません だって周りに20人ぐらい いますから

今日はどこで休んでいても人が居ました 少なくても休憩する場所では10人以上

人気なんだな。 ハイキングというかトレッキングというか軽登山。

小学生も連れて登っている家族もいるけど それだけじゃないグループも

ま帰りも 一瞬!Pa090152_r 丸いですね。

さて男坂の頭を少し下りて 右の方の見晴らしの丘方面へ

Pa090158_r そして寄り道 女岩登っています。

男岩は今日は空いていた ちょうどお一人上がってきて始めるみたいです。

Pa090159_r 少し話して

「興味あるんですよ。 ザイル以外は持っているんですハーネスも」

「意外とザイル太いですね。」 「始めたらいいのに」

「いやあ 100kgあるんで無理」「確かにそれはビレイが大変」

「体重落して始めてください」「いやああああ」

「ありがとうございます できるかな?」

「とりあえず 歩いて頑張ってみます それでは気を付けて」

でも興味ある あの方がいなかったら 多分岩の上に上がってみたかも。

さて 戻ります。見晴らしの丘によって

Pa090160_r 滝不動さんの所に戻りました。

Pa090162_rさあ お疲れさん。

Pa090165_r 車に着

安全運転で帰りましょう。 お疲れ。

« 曼殊沙華まつり 2022年 | トップページ | 川越まつり 2022 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 曼殊沙華まつり 2022年 | トップページ | 川越まつり 2022 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ