« K6AT | トップページ | オリビア・ニュートン・ジョンさんがお亡くなりになりました。 »

2022年8月 8日 (月)

少し地元の事

久しく源流に行っていない 行けない状況ではあるが 体力維持をするために

低山歩きを続けたが ちょっと雨とか曇っているとテンションが上がらない。

だって暑すぎる! 写真撮影も 夏場は厳しいやはり渓流じゃないとね。

ではと ほぼ毎日乗り回している自転車での写真でも....。うーも

 

と 秋が立ちましたが まだまだ暑い季節 とりあえず用事で出歩いた記録を

Dsc01190_r この写真良ーく見てください。

Dsc01191_r この踏切は 鎌倉街道踏切

と言います。

今話題の鎌倉殿! にちなんで地元のお話

いざ鎌倉へ! まあドラマのことは おいて 置きまして

源頼朝の家来の重鎮 畠山重忠公 の居城は 埼玉県嵐山町の菅谷の館跡です。

現在県立嵐山の史跡博物館のある所ですね。 都幾川を挟んで南側にある大蔵神社も

当時の大倉氏の館跡です。 その当時鎌倉へ向かう道とはここから鎌倉へ向かう道

途中にいくつか歴史的場所があります。 それ以前からの道を整備したものなので

例えば古墳も途中にありますし 近くでは産出しない緑泥片岩(通称秩父青石)の

板碑が秩父以外にこの道沿いにもあり 笛吹峠の北側には縁切橋 

征夷大将軍 坂上田村麻呂が蝦夷成敗に行くときに 奥様と別れた場所

笛吹峠自体も霊が集まりやすい場所とか言われていますし 古戦場跡

少し外れますが高麗神社の創建にあたっても高句麗の若光王が関東の朝鮮人の

取りまとめに湘南の鎌倉山辺りに上陸して進んだ道筋は 途中から鎌倉街道筋

各所に白蛇や青蛇白髪などなどの神社も それらの由来になります。

そんなこんなの鎌倉街道上道です。 中道下道について中原街道方面で内藤新宿から

埼玉東部を抜けてゆく道 (古河公方とか上杉家の方ですね。)

下道は中道の途中から上総や常総の方へ向かう道。関東一円の武家をまとめた道

やはりメインは当時の大都会 高崎へ向かう上道でしょう。

箱根越えより 昔から人が歩いていた東山道方面へ。それは鎌倉街道。 

Dsc01194_r

ここを通っていたのでしょうか?もう少し西側の気もします。

Dsc01195_r向こうに武蔵高萩駅が見えます。

Dsc01197_r いつもは北口にあたる

あさひ口ばかり撮影していましたが 昔はこちらの改札しかありませんでした。

 建て替える前は貴賓室もあったような駅舎でした。

南口 さくら口と言うようになりました。

目の前にDsc01198_r 

切られても元気な立木が

Dsc01200_r 昭和天皇陛下お手植えの桜。

現在の航空自衛隊入間基地 当時の日本陸軍航空士官学校の卒業式に

電車で ここまで来て向かったらしいです。

桜は 樹齢がかさんで倒木の恐れがあり 伐採されかなりすっきりしましたが

昔はここで夏の盆踊りもやっていた。 駅の南側は丘の上なのですが

ロータリ-の為 土盛りもしてあるようです。

Dsc01199_rロータリー脇の大勝軒!

旨さより量で満足

今日の目的 Dsc01201_r ここです。

私の持っている通帳は あさひ銀行!!!でももっと昔は埼玉銀行ですね。

ちゃんと埼玉りそな銀行の通帳も持っていますよ。別の支店ですが。

それとこっちもDsc01202_r 右の看板ね。

どちらも 通帳記帳です。個人通帳と仕事の通帳何冊も記帳です。

そして近くのスーパーでちょっと買物して

Dsc01203_r  これ川越線の下をくぐるガード

50年以上前私もくぐって学校に通っていました 先程の信用金庫の上にある。

小学校と中学校です。 この道を歩いて通っていましたよ。

そうそう学校の近くに防空壕も残っていました。

そして通学路の舗装は予算を下げる為 当時付近の畑で耕すと出てくる

縄文式土器のかけらを 砂利の代わりに敷いて舗装しています。

私も郷土歴史クラブで発掘やっていましたよ。石器も出てきたり

 まだ残っているのかな? 高萩公民館に沢山おいてあるはずです。

また すぐ近くにはR407脇にあった 町屋造りの原田屋さんは 清水の次郎長の子分

 森の石松にゆかりのある料理屋さんだったらしいですが

今はその建物はありません。 

Dsc01204_r このガードの先には箱根神社

北口側の区画整理で綺麗になりましたが

当時はガードの先に小さな逆▽状の道に囲まれた神社の敷地で

椿の木があって その実で笛を作ったりした覚えがあります。

神社の境内の向こうに見える自治会館かな?

その辺りは竹林みたいな感じで 使っていなかった古井戸があったはず

 ちょうど 建物真下辺り

そんなこんな 少しだけですが 近所で所要の自転車で回っていると

色々ここに歴史ありです。 

« K6AT | トップページ | オリビア・ニュートン・ジョンさんがお亡くなりになりました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 暑いを通り越し酷暑の毎日が続いていますが、こうたろうさんは精力的に行動されていますね。
 私は、部屋の中でぐったりしている毎日です。
 鎌倉街道踏切、そのままの命名でワクワクします。
 鎌倉街道は、とぎれとぎれに跡形を残しています。
 近くの川越市の管理する保存雑木林の中にも鎌倉街道が通っており、路が残っています。

 渓流行きたいですね。

こんにちは ありがとうございます。
そうなんですよ! 渓流に行けない夏が続いています。
まあ岩魚が逃げるわけではないので慌てず騒がず
成長してから 遊ばせていただきます。

その昔 藤岡に至る少し手前まで 記録に残る鎌倉街道の各所の辻を
原チャリで回って 青石塔婆も見て回って モノクロ写真撮影して
とある所の機関誌に 記録記事を 書いていたことがあります。
好きなんです歴史。 小学校では社会科の地理と歴史は一番でした!

ジムニーが帰ってくる日までは こういった感じで 体を動かして
久しぶりに訪問しながら かなと思います。
戻ってきたら連日. 秩父に通うおうと思っています.。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K6AT | トップページ | オリビア・ニュートン・ジョンさんがお亡くなりになりました。 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ