« 暑さが戻った! | トップページ | そろそろ交換かな? »

2021年8月29日 (日)

足が痛い!

寒い夏から暑い夏が戻ってそういえば溪に行かないといけないと.........。

P8280004

行ってきましたが

P8280006 ここまでに

1.左足親指第2関節が痛い(水ぶくれはいつもならないので多分そこは大丈夫だが)

2.右足の股関節がドン痛 痛い 併せて右の臀部がドン痛 痛い! 

ちょっと休むと2はどうしようもないが 1は少し薄れるもしかして

外反母趾のせいだなと確信する。 実は右足と左足の親指の平面角度左足の方が

内側に入っている感じ約5度くらいかな? よって私の足の長さも実測左右で違う。

問題だ。 いずれも久しぶりに体を動かすので出た痛みですね。

ゆっくり誤魔化し誤魔化し行きましょう。

 

今日は釣りになるのか ならなくても 赤沢の吊橋の先に行ってみたい。

日帰り そしてゆっくり来ているので1-2時間位しか釣りにはならないが いいか。

P8280008森林軌道跡には倒木もありました。

大したことは無いです。

P8280010

でも流れの中は 大したことです。荒川起点までに3人も見てしまいました。

えええ こんなに沢山人が釣をしている。

約4KMちょっとに3人少ないと思いでしょうが 渓流釣りでは多い!

P8280017

でも 小菅川に比べたら空いている!自分では大したことないと思いつつ。

たびたび足が痛くて休憩

P8280019

P8280020

荒川起点に到着! 少し長めの休憩。

ここから急登だから 足の具合も確かめる。

P8280022

P8280025そうそう

標のすぐ下の この黒い岩 滑るから気を付けて!

P8280026入川の本筋

足の具合によっては こっちの方がいいかも?

真ん中の岩の足元 森林軌道に使われていたレールで支えてるww!!

P8280027 こっちの流れで

この足の痛みはきついかな?

P8280029でも行きます。 さ吊橋!

P8280036お 橋の床に

全面砂利が被っている。重くないか大丈夫か?

で噂の急登に入りまーす。

P8280040

P8280041 この段差は大きいなあ

これは登山道です。 でもまあ急だけど いつもの作業道よりはいいか。

ふうっと休み休み登って 何とかほぼ水平道に入った数百M

P8280042

おお十文字峠への分岐だ これが噂の.....柳小屋への入口ね。

泊りなら ここから3時間歩いて もっと奥の沢で遊ぶといいのですが

まだそこまでの体力は無い!

フライフィッシングをしてしなかったら こんな山奥まで来ることも無かった私

山登りなんてする気も無かったのですが............。

ここから山中を7時間かけて十文字峠まで 行ける道

先日の川上村の千曲川源流からだと 数時間で十文字峠まで行ける

向こうからの方が十文字峠には近い

彩の国の山は深い そして登山道も少なく静か 豊かですね。

P8280044 ふと振り返ると

やっぱり狭い踏み跡の登山道です。きれいな緑の世界です。

P8280045で 分岐の標識の裏側

出ました!「山道」

これ日和田山の奥にも こういうのがあります。(まぼろしの滝に向かう道?)

「山道」作業道ということで 良いのでしょうかね? もう少し水平道を行きますが

P8280047ああああ危ないなー

踏みそうになったぁ 君ー!気い付けや!

ボクシングの「入江聖奈」選手に教えてあげたい 山に行くと出会えるよ!

P8280048幾筋か赤沢に流れ込む細い沢あり

標高1000M超えています。

P8280053

でも足が痛い

P8280054 足元も石が多くなる

P8280055荒れて来る

あああ1時を回った 足の痛みでゆっくり&休み休み急登は頑張ったけど!

後500Mか?曲がっているから1kmあるかないかかな? 時間かかり過ぎ

少しで赤沢の流れに降りられるはずなのだが ここから下を見ても30M近い高低差

P8280058 ここを下りても

沢の中を先に進むには厳しい沢 落差と通らずの連続。

そういう言うのは装備も無いし教わったことも無いし

一人では危険かも めったに人が来ない流れの区間。

P8280059 ちょっと

ペットボトルのお茶を飲んで あれ???

荒川起点までに500ML飲み干した そこからここまでに もう1本用意して

今飲み始めて......。疲れているのですねほぼ一気飲みしてしまった。

失敗と思って 後は水があると...........。無い!!!!ああああ車に忘れた!

あう 昼飯も作れないぞ!!!どうするどうする!

ここで ドラえもんのポケットから

P8280056p8290064 これは翌日洗った後撮影

初めて使った 沢水っておいしい!!

 

しばらく考えた後 時間的に沢に降りられても釣り時間が1時間あるかどうか?

足の痛みを考えると あまり無理をしないで明日もどこかに行った方がいいかなあと

清く撤退する! ここ迄初めて来たのですが 気持のいい所。

私のような沢初心者で しかも沢については教わったことも 無し

(1回だけ深瀬さんにクライミングの初歩を教わった)

一人で少しずつやっているので無理は禁物 足の痛みが問題あり過ぎ。

ここでは引いて また後日 来年かもしれないけど入りましょう。

でもこのひと月で5kg位痩せたんだけどなあ。 まだ足りないという声もある。

歩くのは良いが 出来れば足の痛みが出る前に 溪の流れに立ちたい

ほぼ熊さん体系の私です。

P8280060

急坂は転がるように降りてきました

帰りは早いなあ。P8280062dsc_0189

この辺りで少しだけ毛針を置いてみましたが まあ皆さん竿を出すところ

おっと! 毛針を追った!   以上。

P8280062img_0459

でもちょっと左足の親指やばいなあ。

この記事を書いてということは 今日は足の痛みで釣りは取りやめました。

週明けにでも医者に行ってくるか? 結論は体重減らせという事だと思う。

今年も溪釣りの残り時間が少なくなってきた あんまり釣りしていないこともあり

いい釣果が無い。 溪に人も多いし 困ったもんだ。 それより少し山を歩くか? 

« 暑さが戻った! | トップページ | そろそろ交換かな? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フライフィッシング」カテゴリの記事

渓流」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。

もう・・・チョットでしたね。

爺 殿 ありがとうございます。
少し下がっとはいえ体重100kgの私   ちょっとした熊よりデカいかも
デカい太った大荷物の釣り人は私 しかも体力なんてないのに
あともうちょっとでした 体の調整不足 ちょっと反省です。

重い体で 吊り橋先の急登が足の痛みの中
アレレという内に登れたのが 少しは歩けると確信できました。

しかし水を忘れたのが気持ち的にダメージ大きかった。 
なんとか沢で 帰りの水が確保できて助かりました。
しかも美味かったので それだけでも良かったです。

次回はちゃんと入ります。 ちょっとずつちょっとずつ前進。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑さが戻った! | トップページ | そろそろ交換かな? »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ