« あいつは自粛なのに また渓流釣りに行っているんじゃないか? でもブログを更新しないのはなぜだ??? | トップページ | 久しぶりの渓 »

2020年5月17日 (日)

ホントは歩きたい そして岩魚を釣りたいのですが

林道走り 武蔵の林道(車道)は 尾根つたいに通っているが

通行止めばかり!!!!!

で この道ならいけるでしょというところに

でも! 県道なんだけど

P5162743

ここにも爪痕が

 

先行き不安ですが 多分こっちの道なら上の方まで民家があるし

多分大丈夫! 県道172号線 都幾川町から白石峠

そして定峰峠もしくは戻り気味に刈場坂峠に抜けられるかも?

P5162745 そして

白石峠に向けズイズイ登道に入ると

P5162746 があああー!

道崩落P5162749

P5162752 その下までも 大変なことですね。

崩落しないように保護工をしているわけではないですね。

よって普通にたくさんの方が車で走行することは想定していないと思います。

「森林管理道」なのでたくさん入って走ると崩れるかも

補修が終わってから皆さん入ってください。お願いいたします。

( この後に出てくる天文台のあるキャンプ場とかも少し違う方向に行くと

   天空の牧場があります。子供達にはなかなか良いところですが

      もう少し待ってから行くようにしてくださいね。お願いです。)

P5162753 こういう風景になってくるしね。

登山道ではありません。武蔵の山の上の舗装された林道です。

P5162754

さあ白石峠!!!!!!!刈場坂方面

 

ガードレールは浮いているみたい。

P5162755 峠の交差点 右は定峰峠

P5162758

通れそうだけど秩父には出られないかも???

小川町方面にしか行けないのかも?

  段々通行止めの看板の設置されている時の

横脇の開け方で様子が分かるようになってきた?

P5162756 左 浮いているガードレール側

一応通れそう高篠峠大野峠経由の刈場坂峠

折り返すように右に入り込むと

堂平天文台(現在はときがわ町所有)キャンプ場併設

P5162760 でも5月31日まで閉鎖でした!

開いていれば 天文観測ができるはず

P5162762 こういう天気に!!!!

では白石峠に戻りまして

P5162767 刈場坂峠に向かいましょう

P5162768

またもや崩落! P5162770

まあさっきよりましな感じですが いくつか小さい崩落はあるし怖いなあ。

まだ対策工始めていないし危ない。

P5162776 大野峠

この右手の山に入っていくと秩父へ抜ける登山道。

川越工業高校の競歩!越生~秩父までの街に降りるための最後の山

P5162777 左側が刈場坂峠

P5162778 向かいます。

P5162779 ほら

 奥武蔵グリーンラインの奥側の林道にはなりました。

そしてやっと!P5162780

ガスの中P5162781

P5162782こっちから走ってきました。

P5162784

まあこのくらいの標高をうろうろしていたわけです。

武蔵の山塊 峠を結ぶ道 昨年の台風による川越市の浸水は

このぐるっと回った山塊に降った雨が 流れて.............。

崩落も当然ですね。

P5162788ダンプが2台奥にいます。

あっちが顔振峠 通行止め 工事の方はしっかりとよろしくお願いいたします。

で今日のトイレ P5162789

ま普通のトイレ 汚いです。 ボットンです。

 10点! この状況下なので いろいろ難しい所 評価点は参考までとします。

うむ では国道に降りましょう

と思った途端に白石峠方面からゴロンガランという大きな音が!

落石か?崩落か? 工事か? 気になるけど危ない道なので素人は避けた方がよい!

雷かな???下から聞こえるような標高ではないけど?・??

 様子見に行くなんて....できません。  R299へ

ここは高麗川の源流域です。 武甲山や秩父二子山などができる前の

大昔は 荒川は寄居熊谷には流れておらず

 高麗川名栗川の流域から旧東京湾方向へ流れていたらしいです。

伊豆半島が 南の島→日本列島にくっついたころの 大昔の時代のことらしい。

P5162792

P5162794

P5162795

P5162797

まあ ほぼ禁漁区です。

この高麗川の流れと この先の名栗川の流れが 川越市の手前で

 刈場坂峠の北側の山塊から流れた 槻川都幾川越辺川からの流れを止めるほどの流量

お互いに滞って...............。と思います。

その おおもとの 山は崩落していたということですね。

 

では すぐにR299 もう少し走りましょう 名栗川の方向へ

この辺りは大きく言うと

 槻川都幾川 高麗川(越辺川毛呂川) 名栗川 横瀬川(定峰川も)の分水嶺

 といっても いずれも川越市周辺までに合流して荒川になるのですが

東西南北流れが 分かれるところですね。

 渓流釣りにはあまり役に立たない流ればかりです。

正丸峠を超えるのは 峠道を緊張して走ってきたから パス。

そして 正丸トンネルを抜けて 抜けた途端に山伏峠に向かう

横瀬川の源流域 但し途中から禁漁区

 まあ今日はロッドを持ってきていないので

そして山女魚のために苦労して歩くのは 雨の中は勘弁です。

 そして人の匂いが濃い流域

釣り意欲が減。P5162799

P5162801

P5162802

P5162803 水色は悪くないけど

P5162804

P5162805

そして山伏峠P5162806

P5162807

P5162808

この先は名栗川入間川の流域

P5162809 降りていきます

P5162810

P5162811

で まっすぐに飯能市街へは向かわず。

 クイっと鳥首峠方面へ どこまで行けるのか?

P5162812 いきなり通行止め看板が

閑散とした大鳩園キャンプ場から 曲がるよ。

この看板配置は 途中まで行けるという 合図に見えてきた!

P5162814 どんと!ゲート!

入るなという感じ。 これが本当に通行止め

この先の橋 落橋! 酸っぱいラッキョウではありません。 落橋したらしい。

 人も入るなと書いてあります。 帰ろう!

P5162815

P5162817

P5162819 寂しい大鳩園

P5162820

今年はこの流れに山女魚の放流もしていない入間漁協さんです。

昨年の台風で放流する時期にはまだまだ川の流れが荒れていたためです。

この下流域はそこそこ回復していますが 淵は無くなっているのかもしれません。

 そんな状況に世間には内緒で放流すると増殖するんじゃないかな?

 それこそ種保存の放流。

釣りのためでは無くて 実施するといいのになあと思ったりします。

でも それができるような地域ではないです。

川遊びに駐車料金¥500は取る地域ですから 無理ですね。

 駐車料金を取るような所では川での釣りもかなり厳しい。

まあ今年は鳥居観音様より下流の方しか山女魚を放流していない名栗川です。

P5162821 鳥居観音様も

電柱間で小さくかすんでいます。

ここまでくれば ま ほぼ地元 武蔵台経由で帰ってきました。

名栗の流域はやはり人の匂いがプンプン

渓流としては 名栗湖の上の逆川など名栗林道が通れるようになってからですね。

でも あんまり期待はできないけど。

槻川 都幾川は少し期待できるけど藪沢になってからの季節がいいらしい

要するに人がいなくなってから! 藪沢でフライを振るなんて俺くらいか?

まあ大体 武蔵の車が通れるメインの林道は走ってしまった。

 細かい道はあるけれど つながりが....。

武蔵の山塊は 中世代から1000Mに満たない山の中に小さい集落がたくさんあった地域です。

人の生活が可能な水や食べ物がたくさんあり 太い川に頼る必要が少なかった

その生活の道は今森林管理道に姿を変えて残っているのかと思います。

維持していく必要があるのでは トレッキングコースもたくさんあります。

見に行った時も数人トレランしている方もいました。

 現状は 舗装道路なら登山道よりは安全かな。

これだけ崩落があったり通行止めがあると このままなくなる道もあるかもしれない。

 

もう少し出かけるのは待ってください 感染症の心配が少なくなってから

 自粛の鬱憤を晴らすのは もちょっと我慢をお願いいたします。

雨の季節が過ぎてからの季節に アウトドアを始動するのに ちょうど いい近郊の山です。

 

でも それまでの間 コロナ対策もあるし ふむ あとは歩くしかないか。

« あいつは自粛なのに また渓流釣りに行っているんじゃないか? でもブログを更新しないのはなぜだ??? | トップページ | 久しぶりの渓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あいつは自粛なのに また渓流釣りに行っているんじゃないか? でもブログを更新しないのはなぜだ??? | トップページ | 久しぶりの渓 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ