« 準備運動! 天覧山の巻 | トップページ | お仕事の帰り »

2018年2月21日 (水)

準備運動! 天覧山から多峯主山へ そして御嶽八幡様に行くのだ!

天覧山 少し休んで復活するふくらはぎ さあ 次も行くぞ!
だってまだまだ標高が200mを切っている! ほんとに低山。

次に向かうのだ。


P2180061

急な階段状になっている所を下りながら 寒椿の木があるところを過ぎたら?????
あれ??人が倒れている! ご夫婦の様です。    前の人が話をしていたけど....行っちゃった。

御主人が仰向けに倒れています。 意識ははっきりしています。
お話を奥様にお伺いすると奥様が先に上っていたらご主人が少し遅れ始め
あくびをしてふわーっとよろけて倒れたそうです。

頭は打っていない 意識ははっきりしているが動けない。 骨が折れたわけでもない。
(少し危ない倒れ方かもしれないなあと思いつつ状況確認)


救急車を呼んだそうですが 場所の説明がうまくできなくて 前の人に聞いたそうです。
それでもよく説明ができなかったとのこと。
とりあえず下の国道県道から救急車の音が聞こえるので待ちましょう。

でもご主人 寒そう。  着ている防寒着ぐらいしか お持ちでないとのこと
妹のホカロンを差し上げて 私は重装備からゴソゴソ。
エマージェンシーブランケットを取出し 上からくるんで体を冷やさない様にしました。
通りすがりの人はお声掛けだけで通り過ぎる....。

お二人だけにすると やはり奥様が心細そうだし 寒いし すこしお話ししながら
気を紛らせて&元気を上げられるかなと 救急隊が来るまでいましたよ。

P2180062

そして ほんの10分ぐらい (と思ったのですがもっとかかっていた?) で 天覧山山頂側から12人だったかな?
埼玉西部消防局の救急隊の救命の方と山装備の方々到着。 
処置が早い! プロは違いますねえ。  すぐにシート状の担架に載せて....。  ご苦労様です。

御主人も最後まで会話ができていたので大丈夫でしょう。
消防の方に私も事情を聴かれましたが お聞きした状況を お伝えして
体を冷やさないようにして差し上げただけです。

今頃は回復されて ご無事でいることを願います。
大したことはしていないです。 元気付けられるぐらいしか 私にはできなかった>< 
意識があったからよかったです。 楽しく歩いていたのに大変でした。 元気に山歩きに戻ってきて下さいね。

さて再出発です。
すっかり鈍った体が休まって 少し下がって多峯主山に向かいます。

P2180066


多峯主山への入口はずっとの登りの「見返り坂」 登山道が階段状に続くから意外としんどい。突入!
長いのよ。 木で段々が 勾配は緩いけど 疲れる。 元気な子もいるけど。


P2180067


P2180068


P2180069


おっさんは遅れる....。

坂の先は木立の鞍部 そのさき 鎖場(子供用)というより一応男坂を超えて山頂です。
先ずは眺望。


P2180078


P2180079


P2180088


P2180086


団体様が風除けになる場所を陣取ってお昼していました。

何だかずいぶん時間がかかってしまいましたが 無事に多峯主山の南から北東の遠景を望めて
富士山も見えたし すぐ裏の武蔵台団地を見下ろして コーヒータイム!ドリップだぜ!
まあ ゆっくりと ソイジョイつまみながら

P2180090


少しづつですが 空の青さが春色になってきているように思います。

さて 御嶽八幡様に ご挨拶に行きましょう。
すぐ下のハート池(水たまりだけどね) 凍っています。

P2180092_2


東屋の屋根を見上げると日大習志野校舎ファラデーホールの屋根と同じ構造です。

P2180095


P2180094


常盤平から御岳八幡神社ヘGO! 
おお ここなんだあ! 奥社になるんですね。


P2180096


P2180097

パンパン 今年も無事に 溪遊びができますように! 大物が大量に釣れますように!パンパン!よろしくお願いいたします。

神社のすぐ下 おお いい岩場! 広場もあるし....。あら クライミング禁止の看板が.....。
確かに!  神様のお膝元 汚してはいけません!

P2180098

つづら折りをくだって 鳥居のところまで下りてきた。 「ありがとうございました。」

そして県道を約1Km 建仁寺に戻ったのであった。

P2180099

あいかわらず ふくらはぎは すぐに乳酸がたまる。 少し休むと引く そんな繰り返し
もう少し準備運動しないといけませんね。

紅梅白梅咲いています。


P2180105


P2180107


春ですねえ。

« 準備運動! 天覧山の巻 | トップページ | お仕事の帰り »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

渓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 準備運動! 天覧山の巻 | トップページ | お仕事の帰り »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ