2020年9月17日 (木)

秋の小菅川

寒い!!!!! 水が冷たい!!!!!

いきなり秋になった! では代休で平日 小菅川

そろそろ 秋の小菅川も爆釣と言いたかったのだが..............。

朝は8時ぐらい林道終点到着 先客あり もう 入ったかな????

と思ったら エンジンかかっている?????ルアーマンさんでした。

 丹沢がホームらしいです。 で まだ入っていなかったのです。

クマさん情報もあり 気にしていたようです。

 私は ここでクマさんに会ったことはないです。

もっと下流でデッカイ雄鹿を3mぐらいの至近で1回

ここから入って崩落地の上でカモシカにあっただけ 但しクマの足跡は見ています。

尚 車を止めたところの脇に止めたときに無かった

熊の足跡が上がった時についていたことも...。

たぶん私の釣りを見ていた    熊さんもいた。

» 続きを読む

2020年9月 9日 (水)

The break! when I'm working

暑い →  熱い 台風10号が行った後 関東地方は暑いどころじゃない。

夏が戻ってきた! 74fc7c9391e3410a8f8ca238f4b031b8

大森縄文遺跡公園の脇にある。 縄文の道!

らしくないデザインです。センス無し。

08ae81135f144a3597a14fbed37133a5  教育委員会や社会教育的には

これとか出土した貝塚の復元をレリーフにして問題ないと思うけど センス無い!

 縄文の道なら らしくして! 東海道線の線路下のガード

 人が通る。この向こうは公園 それもらしくない。

6726e6fc47ab4583a470fe47cf3f1f40 こんな晴天で住宅街も人手がない

6f3a8e2a66934bfcb88ce5cb70aafcf0  まあ隣の大佛ガードよりは良いか...。

整然とはしているが 画一化しすぎ つまらない人間ができる。

街 創り は もっとらしく興味を持てるようにしないといけないね。

B48c71b51ae24a87b412cc8777c3a94d

さあ 次の現場へ向かっていこう....。

2020年8月27日 (木)

メステイン ! って飯ごうダヨ。

世間ではトランギアのメステインが流行っている!!!!!

そしてダイソーのメステインも店頭に無くなる!!!

なぜ流行るんだ?????   メステインって → 飯盒 でいいんだよね。

いまさら飯盒か???? まあ兵式飯盒しか知らない人にはちょっとねえ。

ひっくり返して 叩くなんて なんて面倒なことがあるので

ボーイ&ガールスカウトやっていた人にはそういうイメージかも???

 

» 続きを読む

2020年8月22日 (土)

峠の釜めしのお釜で おうち時間?

「おうち時間」で何だろう。いろんな言葉ができる時代ですね。

おうち時間なんて言わなくても

 普通に自分の時間 趣味の時間とか 余暇の時間とか 休日の過ごし方とか

なんでもいいでしょ。 まあ流行りが好きな日本人だから仕方がないか。

 

先日の横川SAに寄って買った 峠の釜めし 食べ終わった後のお釜

 皆さんはどうしています? SAにはいらない空き容器を返す場所もあります。

しかし 益子焼の立派なお釜 ちゃんと使いましょう。

こういう おうちご飯でもいい感じです 簡単ほったらかし炊飯です。

Dsc00003

» 続きを読む

2020年8月20日 (木)

年に一度は→二度???.....................その弐  少し遠出2

千曲川源流は 消化不良だった

それもあるが COVID-19感染症

 そして梅雨前からの大雨で起きた上高地へのアプローチ崩落もあり

涸沢や雷鳥沢での 今期のテン泊を ほぼ あきらめている

このお盆の時期に行きたかったが 諸般の事情を考えると厳しい。 等々もあり

 

連続はいろいろ難しいので一日開けて行ってきました。

 

やっぱり 年に一度は様子を見てきましょう。

Img_0099でも朝のSAで

 ああああ洗車してくるべきだった!

» 続きを読む

2020年8月16日 (日)

年に1度は....その壱 少し遠出。

夏のお盆の季節 今年はいつもと少し違う

P8123056 やっと夏の空

 

少し余談です。 飛ばしてかまいません。

--------------------------------------------------------------------------

「新しい生活様式」だとか 訳のわからない言い方をしているし。

報道もそれがどういうことか理解して使っていないと思う。

 

何の手立てもしない政策によって 人が感染していく 今は死ぬ確率は低い。

しかしアレは 詳しい正体がまだわからないワクチンもまだ無い よって未知のもの

ここは人権は個々のものではあるけど 全員全体のものでもある。

 全員検査と隔離 隔離も人権優先だから閉じ込めるのではなく 生活社会を作る。

ここは ある意味本当の国力が問われていると思う。 大事なのは人間力だと思う。

 ---------------------------------------------------

長い余談でした。  ブログでも書かないと 先に進めない。

大変申し訳ありませんでした。

 

それでは本題に入りましょう。

 

 

 

» 続きを読む

2020年8月10日 (月)

夏岩魚!

いつもより時期が少し遅くなったかな?  日付はいいけど陽気は....。

お盆前 例年と同じように小菅川源流に釣行。

 もう 少し遅い時期になると  沢登りの人が多くなる 気がするので早めに

梅雨明け少しが ちょうどよい。

 

でも 8時前に到着 まあ遅いといえば遅いが

   暗いうちから  渓流に入るのは違うと思うので

 よく聴く午前3時から入るとかいう 渓流師は???????

ましてや この界隈は熊さんこんにちはするかもしれない。

 

多分人の後の釣り 8月9日朝

 小菅林道の終点には3台の車 しかもキャンプ椅子2脚

 & 一斗缶を利用した焚火後 朝食が済んで

少し煙が一斗缶から   もう渓に入っているでしょう。

でも夏岩魚に会うために入りましょう 人の後だって! 私は釣る!

 

危ない入渓路「通行禁止」と下がっているが

_p8093012道はどこでしょうか?

カメラは水平です。

_p8093013こう見ると道が見えるけど

降りると

_p8093017

ということでセットアッパー堰堤上に降りて 最終堰堤を超えます。

_p8093021 さあ夏岩魚!

ピックアップした毛針に飛びつく_p8093022

5cm意外と元気だな。

_p8093024良い流れです。

_p8093025この倒木少し下がった気がする。

_p8093027で 29cm

竿抜けと思います。 _p8093030尾びれがでかい

_p8093033メジャーで測りました。

_p8093037水深約50cm小さいスポット

 毛針が吸い込まれてフッキング! と思ったら

 ズンと重い 動かない!!!!!!   根掛かり?????????

そのままロッドを曲げたままにしていると グングンと動いた!

うむ これは尺と確信したのですが

下の段に落としてネットイン その時にああああああ短い!!!!

29cm どうやっても29cm

まあ仕方ない。

その後も 竿抜けっぽい所で ちょこっと出るが18cm前後 小さい。

バーブレスフックでリーダーテイペットを緩めてフックを外して手に触れずにリリース

その先は人の気配が濃くなる そして_p8093039

帰ります。 小さいのしか出ないので帰ります。29cmで満足しましょう。

また少し足が攣りそう!!!!!水分不足と冷えかな????ちょっと油断してしまった。

昼ご飯を抜いてソイジョイ1本&500mlしかお茶を飲んでいなかった。

すぐに水を飲んで渡渉がなくなる地点で裸足になって拭いて温めて水分補給

何とか復帰。岩を超えるのが大変だったのです。体が重いしね。

反省材料。

_p8093040いい流れだけど人が多すぎます。

この先は杣道も無い。_p8093044

廃山葵田と渓を分ける護岸が崩れていました。

_p8093045帰りの作業道途中の落橋地点

足場がかなり悪くなっています。入渓点と合わせてこっちも危ないですね。

_p8093047

そうそう 落とし物を拾いました。

_p8093048ナイフのケース

最終堰堤を超えたところに落ちていました。8月9日9時ぐらいかな???

新しいです。 「千𠮷」って刻印あります。

でもナイフ本体が無かった? もう少しきちんと探せばよかったか????

あのお泊りの方か?

 とりあえず 交番は閉まっていましたので「廣瀬屋旅館」さんに届けておきました。

漁協さんのブログ書かれている方と思います。

それで 休み明けに小菅漁協さんにお届けくださるということです。

お心当たりの方は お盆の休み明けの小菅漁協さんに 釣行がてら行ってみてください。

_p8093051まっすぐ入る入渓道

 崩落の頭についている道なので 慣れている人だけにしてください危険です。

秋雨の季節になるとやばいかも!

_p8093052林道終点脇のモノレール

これに沿って登っていくと日向沢沿いからの道と交差します。

そこから 小菅川本流側へ降りていく道があります 作業道。それを下っていくと

小菅川本流の源流域につきます。 そっちの方が安全と思いますが。落橋あり

シカの足跡と私は多分....。熊さん足跡と思うが あちこちに見受けられます。

いずれにしても 登山道では無い作業道なので危ない道です。

多少慣れている方のみとお考え下さい。

 

尚 魚影についてはかなり薄くなっています。人が多いためと思います。

数年小菅川は源流のみ入りますが年々魚が小さく少なくなっている気がします。

一番乗りでも少ない 2番手でも ドライフライで私は釣りますが

かなり難しい流れになっています。

雑誌では魚影が多いみたいに書かれていますが薄いです。

都内から1.5時間から2時間で入れる流れです。

よって釣れた魚はリリース願います。

   釣券買って渓流釣りをする方はリリースをするはずです。

よろしくお願いいたします。

 

余計なことを書いていますが 小菅川今年3回目釣行でした。

年券分の釣りをしていない。

 

さ 温泉入って足の状態確認と思って 車に乗って気がついた。

_p8093053

左ひじ エアリズムに穴が開いていた。 岩に押し付けたりしたからなああ。

 

そして暑いので  テン泊 山登りもしたくなってきた どうしよう。上高地に行くか?

コロナで歩いてしか入れなかった上高地  山小屋も閉まっていた。

 やっと開いたと思ったら 大雨でR158号線の崩落や仮復旧したと思ったら

やっぱり上高地内の道が地震で崩れたりしていたし 今度は小梨平キャンプ場で熊!!!!!

 

小梨平って上高地のバスターミナルから3分で河童橋。

 その隣にビジターセンターその隣が小梨平キャンプ場。

ファミリー向けみたいなキャンプ場です。 まあ私は 横尾あたり もしくは 調子次第では

一気に涸沢まで行ってキャンプ場でテント泊したい!

もっと奥 横尾付近は 夏前にも 昨年も 熊目撃情報が流れていたが

小梨平まで下ってくるとは コロナで人が入っていなかったからね

熊が出てもおかしくないということでしょうか。

さてテン泊はどうするか?

2020年7月24日 (金)

雨 天気予想が外れた!

連休 前

天気予報 を チェックして雨量を確認。

連休前日の雨量zero!!!!!!!!!!!!!!!! にんまりする。

では.................。

早朝に仕事をあげて e.mailして そそくさ!

しかし夜の雨は強かった60mm/h越え でも あの渓流では 0 mm/h

いけるでしょ?????

ということですが......................。

連休に入ると

 

_p7232926 雨........。

» 続きを読む

2020年7月13日 (月)

やっぱり気になる あの渓

今年の「セカンド解禁」後 なんだか また自粛をなんて話も遠くに聞こえる。

県外移動自粛規制が 外れてから初めて行ってきました。

 まあ県外移動とかって 行政の都合だけですからあまり意味がないことですよね。

 感染しない感染させないことが大事で移動なんてどうでもいいこと

   但し医療的には 行政が許認可等々コントロールしている

   & どうしても人口集密によってベット数等々充実度が違ってくるので

   感染して症状が悪くなり ベット数が必要になることを考えると

   あまり移動しないでと 言っていることは理解できる。

  まあ やっぱり 蜜を避けることでしょうか。

  エンタメやスポーツ観戦も5000人以下で再開 数字はどうでもよい「蜜」

「密」になりにくい溪に行こう! でも雨が多すぎる(良いことかもしれないですが)

一度 7/4に行きました。あまりの水の多さです。

 源流域では岩魚が沈み石の下に隠れてしまう状態

 濁りはなくても 白泡だらけで岩魚が水面近くで 休んでいられない。

という状態で 入渓せずに河原で外飯だけ食べて帰りました。

帰りついでに.....。WILD-1に向かって 勢いでソーヤーミニ買ってしまった!

で7月12日 少しは水量が落ちたかなと....。

» 続きを読む

2020年7月 4日 (土)

梅雨の晴れ間はすぐにやってくる!

そうです。 すぐに梅雨の晴れ間はやってきました。

7月2日 これで代休を使ってしまう。 夏の遠征のための貯金を少し崩す。

渓流の盛期 に入れなかった鬱憤を晴らさないといけません。

Dsc_0152

» 続きを読む

«久しぶりの渓

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

にほんブログ村フライ

にほんブログ村

リンクブログ

無料ブログはココログ